カードローンの王様【賢いキャッシングの術】

カードローンを申込むならおすすめは低金利

欲しいものはカードローンを利用して購入

 カードローンは賢く利用するのが大切といえそうです。
 税率10%の場合は平均的世帯で年間16.5万円の負担増となることが第一生命経済研究所の試算で明らかになりましたね。消費の冷え込みで景気が下押しされれば、目標の財政再建自体が遠のく恐れも指摘されており、消費税論議でも家計負担と財政再建のバランスが焦点となりそうです。
将来的に消費税率が上がることは避けられないようですが、時期は明確ではありません。
もし消費税が上がると欲しい商品の支払額は当然アップ。
欲しいものがあるなら、税率が上がる前にカードローンで購入するのがベストではないでしょうか?
では、カードローンを利用するならクレジットカードに付帯しているカードローン機能を使えばいいのか?というとそうでもありません。なぜなら、クレジットカードの金利はカードローン専用のカードと比べて高いからです。つまり、カードローン専用のカードを持つなら、金利の低い商品を選ばなくてはならないのです。

低金利が魅力のカードローン

 では低金利カードローンにはどのような商品があるのか、紹介していきましょう。

みずほ銀行カードローン

 ご存知、大手銀行であるみずほ銀行が提供するカードローン。
 金利が低いのはもちろん、大手銀行ということで安心感もあります。

三菱東京UFJ銀行

 これも大手銀行ということで安心感が高いというメリットがあります。即日融資も可能で、急ぎで現金が欲しい方にも最適なカードローン。
 最大利用限度額は500万円と大きく、大口融資を希望する方にとっても魅力的な商品と言えます。

オリックスVIPローン

 オリックスのカードローンということで特典が満載のカードローン。全国のコンビニエンスストアはもちろん、ゆうちょ銀行でも借入れが可能なので、利便性は申し分ありません。
 保証人・担保不要で申し込みができます。

 マネックス証券の「マネックスゴールド」は、証券口座と別にマネックス・ゴールド口座を作る必要があります。
 スポット取引と積立プランの2種類があり、スポット取引はリアルタイムの価格で金・銀・プラチナを買付け・売却できる取引方法に対し、積立プランは毎月一定の金額または数量を積立てる取引。
 コモディティといえば「ゴールド」が一般的ですが、プラチナも価格が安定していて資産運用の一つの方法として適しています。積立プランは価格の上下変動によって、価格が高いときに買うと不利になるので、長期的な積立をしていかないと場合によっては元本割れが生じる懸念があるので注意が必要です。
 初心者なら積立プランがいいのでしょうが、相場観がある人ならスポット取引で価格が安い時にまとめて投資をするのがいいでしょう。
 マネックス証券はオリコンの顧客満足度ランキングでも上位にランクインする人気のネット証券な点と、上場企業であるマネックスグループであることから信頼性が高く安心感があるので、資産の預け先としてはベストだと感じます。
 ただし、投資はリスクが伴うのでマネックスゴールドを始める際は、公式サイトで十分リスクを確認しましょう!
※ネット証券のことならこのサイトがいいですね!>http://www.netsec.jp/

サイト内メニュー

カードローンの王様 利便性で選ぶカードローン 消費者金融でキャッシング FXのスワップ金利 クレジットカード